Stage of the ground
君をかばって 散った夢は 夜空の応援席で見てる 強さを求められる君が弱くても 唄ってくれるよ ルララ 
プロフィール

tarch

Author:tarch
職業:未来から逃げたい大学2年生(20歳)
   かものはしプロジ◯クトでインターン中。
   スタディツアーの企画とかやってます。

好きなミュージシャン:ミスチル BUMP OF CHICKEN QUEEN ベートーベン
趣味:音楽 スポーツ 映画 読書 考え事



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ザ・ノンフィクション
残酷なことをやってしまいました。




----------------------
この先は、グロテスクな表現が含まれます。
15歳以下の方は閲覧をおやめください。






アナタは15歳以上ですか?




以上ですね?





--------------------


5月12日金曜日


「先生」は「彼」を薬品で眠らせ、私にあとの作業を任せた。
「彼」は身動き一つしない。完全に眠っている。

私は「彼」を「ピョン太」と、親しみをこめて呼んでいた。
体は大きく、足が長く、太ももも筋肉質。アスリート体系と言えるかもしれない。脚力がすごく、垂直とびで5mいくとかいかないとか。とても愛らしい顔つきをしていたのを覚えている。

眠っていたので、彼が抵抗することはなかった。。
「先生」に指示されたとおり、僕は鋭利なハサミで彼の腹をさし、首のあたりまで切開、筋肉や膜をさらに切っていった。

「ごめん!ピョン太!!」

不思議とためらいはなかったが、胸骨はとても硬くて切るのが難しく、彼が無言の抵抗をしているようにさえ思えた。

出欠が多いと面倒なので、大静脈を切らないように、慎重に行った。

僕の目の前に彼の心臓が現れた。
腹を切り開かれているとはいえ、「ピョン太」の心臓はたしかに、規則正しく鼓動していた。
心臓だけではない、肺も胃も腸もみることができた。
タバコをやらない「ピョン太」の肺はとてもキレイで見とれるほどであった。
胃も大きく、彼が大食漢であったことがうかがい知ることができた。

しばらく眺めていると、「先生」は私に新たな指示をだす。

私は指示されたとおり、大腸の先の方で切り、そのまま内臓を体外へ引っ張り出した。
素手で彼の内臓を掴み、食道と気管で切ることで、彼の内臓を引っ張り出すことができた。
私は彼の内臓の大部分を取り出した、素手で。
生きるのに必要な消化器系、循環器系だ。
彼の体の中はもう空っぽだ。

彼の心臓は、彼の体を離れて後もしばらく、鼓動を続けていた。

しばらくすると、彼の心臓は鼓動をやめた。


「さよなら、ピョン太」



そののち、私は彼の体から、両足を切り、両手を切り、顔はぎ、バラバラにして、遺棄した。

しかし、あの部屋中で、このようなおぞましい事件は行われていた。

少なくとも、60人ほどの若者がこのように、生きた体を切り裂き、内臓を素手でもぎ取って殺し、手足をバラバラにして遺棄する、ということをしたと思われる。

そして、同じように、あの部屋で失われた命は60を越えた、ということだ。




ふざけすぎたかな汗


・・・

というわけで

いやぁ、生物実験は疲れた。楽しかったんだけどね。
観察材料はカエルだったんだけど、いや、けっこうかわいかったwww
ピンセットでカエルのベロをのばしてみたりしたら、あんまりのびなかったなぁ。
やっぱ自分は理系じゃないな、とは四六時中思うけど、生物だけは楽しいと素直に思える。もし、研究系に進むんだったら、絶対生物だし。


今日はかものはしでMTGでした♪
カエル臭くて迷惑かけてたらゴメンナサイ・・・


最近、体が悲鳴をあげてます。
体が眠りを求めています。

授業中に寝るのは、もう昔から(大学入ってからヒドくなったとは思うけど)だとして許せるけど、最近は寝過ごす。

電車で1時間以上寝てしまう。

昨日の寝過ごしは昨日お伝えしたとおり。

今日もやってしまったわけです。


ただでさえ、今日は寝坊しました。

今週初めて、5時間近くも寝ました。

もう2限も遅刻じゃん、って言う時間でした。

けどがっこういきました。

品川まで横須賀線でそこから山手線に乗ろうともくろんでたわけですよ。

東逗子駅で乗って

逗子から、毎度のように眠りに入って・・・

zzz

一回軽く目覚めたけど、まだ横浜で・・・

再びzzz

次おきたら・・・

「ん、地下だぞ???」


  【とうきょう】


「な!!おいこら!!またかよorz」

というお決まりのパターンですよ。

(実は東京への寝過ごしも今週2回目)


東京駅を使う人はわかるだろうけど、横須賀線はなんか、他の路線のホームからたいそう離れたところにホームがあるわけで。
横須賀線→山手線、という乗り換えはもう5分くらいかかるわけで。


つかれました。
でも、ぼくがんばったよ。

乗り換えました。

で、新橋で座れました。


もちろん寝ました。

zzz

で、次おきたら、

「♪♪♪」

聞き覚えのある発車音がもうなり始めている!!!

そして窓の外は
   
       【しぶや】

「とう!」っと起き上がり、人目も気にせずダッシュでおりました。

「あぶねぇ。」


で、授業とMTGをこなして、帰ろうと。


帰りの湘南新宿ラインは逗子どまりだったから、まぁ逗子まで乗っていようと思ったわけで。

寝過ごしようがないから、まぁ平和に終わると思ってたわけで。


戸塚で席が開いたから座ったわけで。

さっきからもう立ちながら寝そうで、足がガクンガクンいってたくらいだから、もちろん寝たわけで。

でもさ、逗子どまりだよ。

眠りすぎても逗子で目覚める、ってのがまぁ普通考えるよね。


だけど・・・


大船。眠りにつく。

zzz 

そのまま
北鎌倉

鎌倉



逗子!!!


しかし!!!


寝たままzzz

きっとそのころ。

「この電車は折り返し、上り電車大船行きになります」
というアナウンスがあったと思われる。


しかし!!

寝たままzzz


そして、

上り方面へ発車。

しかし!!!

寝たままzzz

「まもなく~かまくら~かまくら~」

目覚める。

「鎌倉かぁ、あれ、でもこの車両、異様に人が少ないぞ。帰宅ラッシュの時間でしょ。」

そして、気づく。

「そうか、のぼりか!うぁ、またやっちまった」

で、鎌倉で下りにのって帰りました。


つまり、体がもう心底睡眠を欲しています。

そろそろ体をいたわろうと思いましたwww

明日はゆっくり休んで、栄光祭かな。

              ▂▃▂                ▂▃▂▂
           ◥◣▀    ▀▅         ▂◢◤▀■▇◣▂▃◢◤
        ▂▃◢◤         ◥◣       ▲      ◥◣
    ◢◤▀▀                ◥◣       ◢█▎       ▼◥◣
  ◢◤       ◥▅       ▍◢▲▇ ▍   ◢█◤   ▍      ▍  ◥◣
 ▐            ▀     ▐ ████ ▍ ▂◢◤▀  ◢◤▼◥◣         ◥▍
  ▍              ▌███■▐▀    ▐◣▂   ▍      ▀◥◣
◢◤▌             ▌████◤ ▌  ▀▀▀▀◣    ▐     ▲   ▂▃▍
■▀◥◣▃▄▂▂▂▂▂▂▂▄▃▌◥█■▀ ▲▄▂▂▂▂▂▂▂▂▄◢◤▃▂◢▀ ◥◣▃◢◤
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://stageoftheground2006.blog44.fc2.com/tb.php/88-668e2a1e
">


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。