Stage of the ground
君をかばって 散った夢は 夜空の応援席で見てる 強さを求められる君が弱くても 唄ってくれるよ ルララ 
プロフィール

tarch

Author:tarch
職業:未来から逃げたい大学2年生(20歳)
   かものはしプロジ◯クトでインターン中。
   スタディツアーの企画とかやってます。

好きなミュージシャン:ミスチル BUMP OF CHICKEN QUEEN ベートーベン
趣味:音楽 スポーツ 映画 読書 考え事



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


6日目 アンコール遺跡群
今日は一日アンコール遺跡群を見学する日。昨日の日記の影響で、口調も軽めです。


朝5時(だっけ?)のモーニングコールで起きて、朝6時にアンコールワットに到着、アンコールワットから昇る朝日を見て、「生きててよかった~」と感動!

するはずでした。


しかし・・・

朝4時過ぎ、目が覚める。

何がそんな時間に目を覚まさせたのかというと・・・・




!!雷!!




大雨じゃん!!!!いま乾季だろ!?
朝日見れないじゃん!!
え~~~~、めちゃめちゃ楽しみにしてたのに・・・

と、一人でヘコむorz

アンコールワットに行ったときは、雨も止んでた。
でも、まっくら。もちろん、ライトアップとか証明とかないんでね。

空は曇ってたけど、一縷の望みをかけて、その辺を散策しながら日の出を待つ。


そしたら、

いつの間にか明るくなってて、
「それではみなさん、ほてるにもどりますよ~」
と、シェムリアップでのガイドのソーさん。

「え、おわりかよ!?」

悔しすぎorz
また、来るしかないっすね・・・


アンコール遺跡群は、ほとんどの遺跡が東向きに作られているらしい。
例外は、アンコールワット。西向き。
つまり、アンコールワット以外のものを午前中に、アンコールワットを午後に見学するのがいいらしい。でも、日の出はアンコールワットの裏からだから、ぜひ見るべし、ということ。わかるかな?

というわけで、午前中はアンコール・トム周辺、午後はアンコールワットを観光。

午前中でよかったのは、タ・プローム。
修復をあまり施さないで、発見当初の様子をかなり残している貴重な遺跡。
ガジュマルの大木が、遺跡を覆う。
かつて人間が造った石の寺院に、森が住んでいる感じ。かつては、虎や象もすんでいたのかな。「こんなもの造った人がいるなんてすごいねー」ではない、「自然はやっぱすごいね」という印象。これは見るべきっすよ。

午後はアンコールワットにいった。壁画がやはり面白い。(”funny”ではなく、”interesting”)で、何よりおどろくのは・・・階段急すぎ!!!足幅よりせまいんだもん。
上りは両手使わなきゃのぼれないし、下りはもっとこわいし・・・
でも、やっぱ貴重な経験だった。何がすごいのか、コトバにはしにくいんだけど、全体として美しいし、彫刻も目に付く部分はすごい細かいし(あんまり目に付かない部分は結構いい加減だったけど・・・これも国民性かな)、なんか圧倒される感じ。とりあえず、また行きたいし、行った事ない人は行くべきっすよ!

夕方は、近くの山に登って、そこから遺跡やジャングルを見て、夕日を観賞し、もう最高の眺め!

になるはずが・・・・また雨。雷雨!土砂降り!!!

まじかよ・・・

雨宿りをしてると、外人がぬれていたので傘にいれてあげた。

スウェーデン人、44歳。外人ってやっぱかっこいい、ってかズルイ。
話していると、世界を飛び回ってビジネスをしているらしい。
アフリカ、タイときて、いまはシェムリアップ、明日はプノンペンらしい。とても忙しそう。

でも、自分の英語力では思うように会話できず・・・

英語勉強しなきゃ、と決意。

その日はそんなもんです。

まぁその日何より思ったのは・・・日本人多すぎ!!こんなに日本語を聞く羽目になるとは・・・
プノンペンは、ちょっとしか会わなかったから(トゥールスレインとソリヤにて会った若者たちと、ホテルに泊まってたNGOらしい人たち)、そのギャップがすごくて、激萎え。

JAPANESE“OBACHAN”は、アンコールワットでも日本と変わらず世間話。健康の話に、芸能の話に、もうやめてくれって感じ。「おもい○きりテレビはちゃんと録画してきましたか?」と聞きたくなったくらい。

観光客相手の物売りは多かった。たいてい子供。ポストカードとか民芸品とか。買ってあげたい気持ちはやまやまだけど、必要ないので拒否した。悪いことはしてないのに、罪悪感というか、うしろめたい気分。
そして、彼らは日本語で売ってくる。プノンペンは基本的に英語だったので、大違い。
つまり、シェムリアップの社会構造に日本人が大きな影響を与えているのは間違いない。
だったら、僕らは何ができるのだろう、何をすべきなのだろう。

その日は、そんなもん。

写真1 タ・プローム
写真2 物売られ中。民芸品5$は高いよ!!
写真3 アンコールワットの前で旅人気分。




カメラ壊れたので、頂きものだらけです。編集は加えてますが。問題あったらメッセージください。

明日早いからもう寝なきゃ。明日は、TSUTAYA(開店前)にCDを返すだけのために、1時間半かけて渋谷にいきます・・・。大学寄って、帰りに砦でラーメンでも食おっかな。
あ、スタツアアンケートも提出しなきゃ。。。 107942946_143.jpg

107942946_96.jpg

107942946_79.jpg

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://stageoftheground2006.blog44.fc2.com/tb.php/70-1f0e044f
">


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。