Stage of the ground
君をかばって 散った夢は 夜空の応援席で見てる 強さを求められる君が弱くても 唄ってくれるよ ルララ 
プロフィール

tarch

Author:tarch
職業:未来から逃げたい大学2年生(20歳)
   かものはしプロジ◯クトでインターン中。
   スタディツアーの企画とかやってます。

好きなミュージシャン:ミスチル BUMP OF CHICKEN QUEEN ベートーベン
趣味:音楽 スポーツ 映画 読書 考え事



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


4日目 内戦の傷跡
最近、日記を書くために夜中があるような気がしますw 長すぎだよなぁ、俺の日記(>_<)

4日目、朝はゆっくりできた。うん。

この日はプノンペン市内のトゥールスレイン博物館へ。ここはポル・ポト率いるクメールルージュ(赤いクメール)の時代に、収容所だったところである。

簡単なポル・ポトの時代の説明を。合ってるのか自信がないです、間違ってたらぜひ指摘してください。
75年から79年くらいの間、ポル・ポトは急進的な共産主義を推し進め、都市の無人化、農村への強制移住、学校教育の禁止などにより、伝統的社会システムを完全に崩壊させた。そして、教師・医者・芸術家など、知識人を片っ端から殺していった。たとえば、487人いた医者が43人にまで減った、といわれている。ほかにも、少しでも従わない者、疑わしい者は、収容所に連れて行かれたりして、虐殺された。一説には約300万人が殺された、といわれている。隠れたところで虐殺を繰り返したので、正確な数字はわかっていない。ちなみに、現在のカンボジアの人口は約1300万人。5分の1くらいは死んだと予想される。これがどのくらいすごいことか、想像してみてほしい。日本の人口1.3億人。そのうち3000万人が殺されたとしたら。東京都民と神奈川県民と大阪府民にプラスアルファ、という人数かな?ものすごいよね。日本の治安維持法なんて、比較対象にもならないよ。これらは洗脳された少年少女を兵隊として行われた、といわれている。

 トゥールスレインは重かった。いろいろなところから連れてこられた罪のない人たちはここで、酷い拷問を受けていて、ほとんどの人が殺された。

20060324021505.jpg


生々しい拷問の跡。収容されていた人たちや兵士達の写真。独房。骸骨。
残酷だった。人のすることではない、と思った。そして、何がそうさせたのかに興味を持った。やっぱり洗脳なのかな。それとも、やらなきゃ殺される、という意識がそうさせたのかな。NHKスペシャル的に言えば、良心の立ち入り禁止区域(ZONE)、というやつでしょうか。ゼミで散々考えたテーマをこっちでも考えさせられたなぁ。

20060324021454.jpg


 ショアーのときとかと違って、カンボジアでは過去のもの、として責任とかも追及しない感じだった。早く忘れたい、という感じなのかな?「スペシャリスト」として認めているのかな?アイヒマン裁判とは逆といえるのかな?勉強不足なのでよくわかりません。でも、まぁ明確な敵の不在とか、隣人と隣人が殺しあったという事実、貧困で苦しむという現状とかが、過去を振り返ることから遠ざけているのかな。

 その後、キリングフィールドに行った。処刑場。穴がたくさんあって、いまだに骨の破片が見つかる。というか、そこら中に埋まってるし、たくさんむき出しになってる…
 モニュメントみたいな塔があって、その中には

gaikotsu.jpg


たくさんの骸骨が安置されていた。

ここに埋まってる人たちは、どのような思いを抱きながら殺されていったのだろう。さぞ、無念だったろうな・・・。

理由もなく収容所にいれられて、話すこともないのに拷問を受けて、家族に別れを告げることもなくキリングフィールドにつれてこられ、誰にも知られず無残に殺される。

繰り返しちゃいけない。絶対に繰り返しちゃいけない。


20060324021516.jpg


帰り際、日本では見ないきれいな花を見かけたのでとくに意味もなく摘んでみた。
「虐殺の野」に咲く白い花。この木の下にも死体があるのかもしれない。そのアンバランスさに惹かれたのかな。

捨てるのももったいないので、そのまま持ってバスへ向かう。

その途中、観光客目当ての物乞いと思われる10歳くらいの少女と目が合う。

すると彼女は、僕の手に花を見ると・・・

“Can you give me the flower?”

僕は英語をしゃべったことに驚きながらも、

“Sure!”

といって彼女に差し出す。

金を上げなくても、彼女は笑う。

“Thank you!!”


よくわかんないけど、胸が熱くなる。

彼女が大人になったとき
内戦の残した負の遺産から、この国は立ち直れているのかな。



映画、キリングフィールドもぜひ見てね。TSUTAYAで借りられます
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
こんにちは
芸能人の秘密教えます。
http://www.dvd-synergy.com/8746
【2006/03/30 19:25】 URL | ゆうな #YZdnnNwY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://stageoftheground2006.blog44.fc2.com/tb.php/67-c9dc979b
">


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。