Stage of the ground
君をかばって 散った夢は 夜空の応援席で見てる 強さを求められる君が弱くても 唄ってくれるよ ルララ 
プロフィール

tarch

Author:tarch
職業:未来から逃げたい大学2年生(20歳)
   かものはしプロジ◯クトでインターン中。
   スタディツアーの企画とかやってます。

好きなミュージシャン:ミスチル BUMP OF CHICKEN QUEEN ベートーベン
趣味:音楽 スポーツ 映画 読書 考え事



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CCHでの歌
こちらがImagineを唄うと、子供達も歌のプレゼントをしてくれた。それも日本語で。

「ともだち」「世界中のこどもたちが」「幸せなら手をたたこう」の順番だったと記憶している。

2曲目の「世界中のこどもたちが」を唄われたときは、けっこうやばかった、胸が熱くなった。
なんでだろ。自分でもよくわからん。
けど、この歌詞を、このこどもたち(ステメンチャイのゴミ山をさまよう孤児だったこどもたち)が歌うことのその重みを感じたんだとおもう。
昔は歌詞なんてそんなに気にしなかったけど、この歌をここで聴いて、歌詞をじっくり噛み締めて・・・
胸が熱くなるね。かとひろさんなんて、泣いてたらしいし。
こどもたちはこの歌詞の意味がちゃんとわかってるのかな?分かって、歌詞に共感して、唄ってるとしたら・・・単純に、俺としては幸せ。まぁそんなに深くは考えられないんだろうけどね。

子供の可能性ってほぼ無限。その可能性を、すべての子供が持てるように、僕達はなにができるんでしょうね。




 世界中の子供達が
 
世界中のこどもたちが いちどに笑ったら
空も笑うだろう ラララ 海も笑うだろう
   
世界中のこどもたちが いちどに泣いたら
空も泣くだろう ラララ 海も泣くだろう

ひろげよう ぼくらの夢を
とどけよう ぼくらの声を
咲かせよう ぼくらの花を
世界に虹(にじ)をかけよう

世界中のこどもたちが いちどに歌ったら
空も歌うだろう ラララ 海も歌うだろう
 

今日、カンボジアの写真(インスタントカメラで撮ったやつ)ができあがった。
フラッシュの付け忘れで、いくつかの写真がダメになってた・・・最悪。誰か送って~。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://stageoftheground2006.blog44.fc2.com/tb.php/66-330118d7
">


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。