Stage of the ground
君をかばって 散った夢は 夜空の応援席で見てる 強さを求められる君が弱くても 唄ってくれるよ ルララ 
プロフィール

tarch

Author:tarch
職業:未来から逃げたい大学2年生(20歳)
   かものはしプロジ◯クトでインターン中。
   スタディツアーの企画とかやってます。

好きなミュージシャン:ミスチル BUMP OF CHICKEN QUEEN ベートーベン
趣味:音楽 スポーツ 映画 読書 考え事



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2日目の夜
夜の通りは少し危険で、ツアーで来ている以上、夜の散歩は禁止になっている。

しかし、やっぱり夜のプノンペンを見たい、ということで僕はK氏とともに、ホテルからちょっとだけでて、通りを眺めていた。ガードマンがそばにいるから、セキュリティの問題はない。

バイクタクシーのおっちゃんが、乗らないか?といってきたり、物乞いのおばちゃんたちがなんかいってきたりと、なかなか刺激的だった。(もちろん、どっちも拒否したが。)

そんな中、ストリートチルドレンと話す機会があった。
向こうから近くによって来たのだ。金がほしいのだろうが、こっちが恵むことはない。

プノンペンのストリートチルドレンの80%以上はドラッグをやっていると思われる。あちこちで少年たちがビニールを吸っている様子はほんとに衝撃的。最初はシンナーだと思っていたのだが、ホテルの人に聞くと、ヘロインだということだ。


「アユ ポンマーン チュナム?(何歳ですか?)」

とその子に聞いた。向こうの答え(クメール語)を僕が聞き取れないでいると、

10 years old.という答えがかえってきた。

ということで、あとは英語。できるだけカンタンな英語を繰り返した。

「英語しゃべれるの?」
「少し」
「ヘロイン好き?」
「Yes」とスマイルとともに。

「ヘロインはどこで手に入るの?」
「そこらじゅう」
「まじかよ」

ヘロインがどうやって手に入るのかは気になるとこだったが、そのコタエはまさにすぐ目の前にあった。僕の目の前で、ある少年が別の少年からヘロインを買っていたのである。リエルの札が多かったとは言え、そこまで安くはないだろう。
日銭を稼ぐだけで精一杯のはず。それでもヘロインを買わずにはいられない。
もう彼らは中毒だった。
僕らと話していた少年はそんなにでもなかったが、近くにいた別の少年は完全にラリっていた。フラフラしていたし、目の焦点も定まっていなかった。

しばらくすると、ある青年が通りかかって会話に入ってきた。彼は英語を話すことができた。
あまりきれいなカッコをしていなかったので、カレもちゃんとした職業でない人かなと思っていたのだが、そんなことはなかった。
彼は以前、アンコールワットのあるシェムリアップでガイドをしていて、いまはここプノンペンでガイドの仕事とIT関係の仕事をしているということだ。つまり、カンボジアでもかなりいい仕事についているわけだ。月収は200ドルを越えていると言っていた記憶がある。カンボジアの平均収入を優に超えている。それでも、「裕福な暮らし」はできていないだろう。この国では平均収入=貧しい暮らしなのだから。
まぁ生きるうえで苦労はしないだろう。

彼は身長150センチくらいしかないわりに、皺が深く、そのアンバランスな見かけが、栄養状態がよくなかったであろう少年時代と、いままで重ねてきた苦労の影を見ることができた。
25歳といわれたが、完全に年齢不詳である。

彼に通訳をしてもらって、子供達と話すことができた。

そこで、さっきのStreet Childの夢を聞いてみた。

「オカネをいっぱいかせぐこと」
「どんな仕事がいい?」
「なんでもいい」


ということ。

日本の10歳児だったら、「大工」とか「サッカー選手」とか、目を輝かせて言うところだと思う。しかし、この国ではそんな甘い夢を抱くことはできない、すくなくともストリートチルドレンでいる限りは。
長い内戦時代の負の遺産がここにある。
できあがってしまったこの社会構造をどこからどうやって変えるかが、大きな課題なのだろう。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://stageoftheground2006.blog44.fc2.com/tb.php/63-2509bbae
">


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。