Stage of the ground
君をかばって 散った夢は 夜空の応援席で見てる 強さを求められる君が弱くても 唄ってくれるよ ルララ 
プロフィール

tarch

Author:tarch
職業:未来から逃げたい大学2年生(20歳)
   かものはしプロジ◯クトでインターン中。
   スタディツアーの企画とかやってます。

好きなミュージシャン:ミスチル BUMP OF CHICKEN QUEEN ベートーベン
趣味:音楽 スポーツ 映画 読書 考え事



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スタツア1日目
3月9日 朝8時半 新東京国際空港 第2ターミナル3階 Lカウンター前集合。

僕はNGO:かものはしプロジェクトの企画するスタディーツアーに参加した。

この団体は、カンボジアで買春の被害から子供達を守る取り組みをしているNGOである。このNGOの活動はかなりビジネスライクなところがある。ビジネスと社会活動を結び付けているのだ。
「援助」することにとらわれ、ドナー主導のプロジェクトになったり、途上国側が自立してプロジェクトを継続・拡大につながらなかったりして、まったく「援助」になってないことが多々あるが、この団体はカンボジア人の手で事業を続けていけることを考えており、利益を出し、ビジネスライクなやりかたをすることでただの慈善事業で終わらせない、ほんとうに効果のある国際協力をしているといえる。

さて、一日目。Lカウンター前に30分前に着くと、すでに3人くらいは到着していた。うち2人は、事前の研修会で顔を合わせていたのでここでいいのだ、とわかる。しばらくすると人がぞろぞろ、総勢20名くらいが集まる。
人見知りな僕としてはすこし心細かったが、何人かと話すことができたので、少し安心。

10時50分、ANA NH953 という便でバンコクへ出発。
久しぶりの飛行機はやや緊張。しかし、上から見る雲海というのは、美しく、どこか不思議なもので、上に立てそうな気さえしてしまうくらいであった。
RIMG0011.jpg


7時間くらいたつと、バンコク国際空港に着く。
2時間くらいの時差があるので、現地時間だと4時くらい。

そこから飛行機を乗り換えて、プノンペンへ。
飛行機の中で雲に沈む夕日を見た。
RIMG0017.jpg

だから、着いたときはすでに日が沈んでいた。

カンボジア料理をおいしくいただき、みんなで写真を撮ったりして、気分よかったとき、その事件は起きた。

いやな音がした。


かばんから零れ落ちたデジカメが壊れた。

テンション一気にダウン。

はぁ。。。



ホテルはなかなかよさそうなところ。だけど、細かいところが汚かったり、タオルがボロボロだったりするのはやはり国民性の問題であろうか。

K氏と相部屋。来るときも結構話せた人なので、けっこう安心。
その日はとくに何もなくおわった。翌日から、本格的にスタディーツアーが始まる。期待と不安が混じったキモチでその日は床に就く。

部活をやめて以来、バイト中心の日々を過ごしていた自分としては、何かがしたかった。昔からNGO系の興味があったから、この旅が何かモチベーションを上げてくれるものにしたかったし、なにかステキなコネクションを得ることができればいいな、という目的を持って参加した。
そして、それも自分次第。主体的に吸収しよう、と決意。

いろいろ考えていたら、気づいたら寝ていた。。。

一日目はおしまい。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://stageoftheground2006.blog44.fc2.com/tb.php/61-032a2b02
">


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。